ナンパで理想の彼女と最高の仲間に出会う。

東京のナンパ師リクの、理想の彼女を探すゲーム。

他の人と違ったから(敗戦)

 

3/26

 

待ちに待ったCAとの一戦当日。

 

相手の女性は上戸彩に似ている(よく言えば)

 

バーで5分くらい話して、番ゲだけしていた案件。

170cmのモデル体型。

米国本社の航空会社勤務。

現在は羽田空港が職場となっている。

シンガポール帰りの語学堪能、ハイスペック美女。

 

 

幸いなことに食いつきはそこそこある。

「笑顔が素敵な人」という印象を持ってくれていたようだ。

必ず勝ってみせる。

 

リクが思う、CAの倒し方は以下の2点。

 

①普通の女性として接する事

決して特別扱いをしない。変にお洒落な高いレストランを予約する必要はない。彼女たちにとってそんな場所は、至って日常の範囲内だからである。大衆居酒屋のザワザワしてるとことかで良い。

そして、間違っても「すごいね」を連発しない。

彼女たちの話は、確かに面白い。

海外を回った時の話、職場の周りの女性たちが皆美女であること、いろんな男たちが寄ってくること。

ただ、そこをあえて流す。「ふーん、そなんや。」くらいのレベルで聞く。ここから、②につなげていく。

 

②仕事の泥臭い部分に共感する事

CAといえど、所詮は空飛ぶウエイトレス。

華やかなイメージとは裏腹に、実際にやっていることはかなり泥臭く、地味な仕事も多い。機内では雑用レベルのこともおおくやっている、なかなか大変な仕事である。

「本当はすごく大変な仕事と分かっている。それでも頑張っているところが素敵。」

こう持っていくイメージ。 

 

 

この2点を通して、「あ、この人は他の男性とは違うかも」と思わせたら勝利はグッと近づくと思う。

大丈夫、きっと勝てる。

 

----------------------------

 

時刻は20時。

本来ならアポの集合時間であったが、リクの仕事が全く終わる気配無く、遅らせてもらう。

 

21時ー

まだ仕事が終わらない。申し訳ないが、日にちをずらす提案をする。

(LINE)

上戸、ほんまごめん。まだ終わらなそう。あんまし待たせるのも申し訳ないから、別の日にさせてもらえん?

お疲れ様、本読んで待ってるからいいよ。せっかくだし1時間でも会いたいな。

分かった。もう少し待ってて。ありがとう。

 

22時手前ー

ようやく仕事が終わる。

急いで上戸のところへ向かう。

機嫌を損ねていないか、不安だった。

 

f:id:Ricknanpa:20161224210158j:plain

 

22時過ぎ

合流。幸い怒ってはないようだ。ホッとして、会話が始まる。

 

お待たせ。ほんま待たせてごめん。

いいよ、お疲れさま。

ずっと本読んでたん?

そうなの。今度また英語で面接試験があるから、勉強してたんだ。

おーそなんやね。後でゆっくり聞かしてや。さ、お店に行こうか。

うん♪どこに連れてってくれるの?

ん?塚●農場やで?

えw本当に言ってるの?そういうとこ、久しく行ってないかも。

せやろ?だからええかなと思って。俺あんまし堅苦しい雰囲気のトコ好きじゃないねん。上戸もたまにはラフな感じでいこや^^

うーん、まあいいけど。

 

塚●農場in

4人席の体面に座る。

 

上戸、ビールでいい?ここのチキン南蛮めっちゃうまいねん!

うん!食べる―!

あとなんか好きなのある?

結構なんでも好きだよー、チャンジャとか、たこわさとか。

上戸…。

ん?

意外とおっさんやな笑。

うるさいし笑。いいじゃんービールも好きだもん。ドイツビールが一番好きなの。シンガポールでよく飲んでたんだ。

そなんやね。どんくらいシンガポールいたん?

んー、2年半くらい?いろんな経験できてねー、本当に楽しかったよ。

ええねー、やっぱ若いうちはいろんな経験せんとね。彼氏はイタリア人とかやったん?

違うよ笑。まあ色々あったんだけどねー、やっぱり日本人が一番いいなと思ったよ。

うんうん、せやろせやろ。日本が一番や!てか、結構周りうるさいね。よく聞こえんから、上戸の隣行っていい?

確かに結構うるさいね笑。うん、いいよー。 

 

大衆居酒屋での隣への座り方。シンプルだがかなり効く。

 

そこからは予想通りの話題へ。

CAの華やかなイメージに憧れて入社した。

周りは可愛い子ばかり。

いろんな国を回っていられる。

 

相槌ばかり打っていてもアレなので、自己開示と食いつきを上げることを兼ねて海外の話にシフトする。

 

…でねー、ヨーロッパも色々回ったの。次はスペインとギリシャに行きたいんだ。

ええね。俺もそこは行ったことないなあ。

リクは海外好きなの?

うん、めっちゃ好きやで。よくバックパッカーしててん。

そーなんだ!結構いろんな国行ってるのー?

そやねー15ヶ国くらいかな?一人でもよく行ってるんよ。

えーすごいじゃん!

東南アジアとか好きなんよ。あの汚い感じがおれにはあってるわ。笑

確かに好きそうだねw 次はどこいきたいのー?

そりゃもちろん・・・

 

 

 

ウユニ塩湖やろ。

そこねー!私も本当にいきたいんだー!

生きてる内に行かなあかんやろ。今度連れてってあげるわ^^

うんw楽しみしてるね!

 

居酒屋の雰囲気とお酒も相まって、上戸の表情がだいぶゆるくなった。

冒頭の①「普通の女性として接する事」については、うまくいっている。

ここからは②「仕事の泥臭い部分に共感する事」に移る。

 

上戸さ、仕事楽しい?

楽しいよ!自分が成りたかったCAだもん。そりゃ楽しいよ。

そっか。ならええんやけど。元々イメージしてたCAと、実際の仕事ってギャップない?

うーん…それはあるかもね。重い荷物運んだりとか機内トレイ片づけたりとか、結構地味な仕事も多いんだなって思ったよ。

そうやろね。周りはCAって仕事で羨ましがってくるけど、本当はしんどいこともたくさんあるんやろ?

…。

やってることはウエイトレスみたいなことも多いし、フライトに併せて勤務時間も不規則やし。機内のトイレ清掃だってやることあるんやろ、実際の仕事って泥臭い部分の方が多いと思うねん。

リク君、良く知ってるね。うん、泥臭いとこはある…辛いなって思う事も多くて…。

 

ここで一呼吸おいて、目を見る。

 

ただ、好きなことのために、そんな泥臭い部分を頑張ってるところが、俺は素敵だと思うで。華やかだなんだってチヤホヤされてる上戸より、こうやって居酒屋で普通に飲んで、気兼ねなくしてくれてる方がええかな。

ありがとう…そうなの。私、普通の女の子なんだ…久しぶりに素で話せてるよ。

素を出してくれて嬉しいで。今は、おれと一緒にいて楽しい?

うん、すごく楽しいよ。久しぶりにこんな笑ったりしたかも。

 

完全に仕上がったと思った。

ここまでの流れは完全にイメージ通り。

 

 

 

 

 

ただ、リクは負けた。

 

 

もうすぐ12時やね。

本当だ。いかなきゃね。

えっ帰るん?

うん…今日はゴメン。一緒にいてすごく楽しかったし、他の人と違うなと思ったから素敵だなと思った。ただ、まだ会ったばかりだし…またゆっくり会いたい。

俺は一緒にいたいよ?会ったばかりは関係ないやん。お互い気ぃ合うなって思ったよ。そこに時間はいらんやろ?

そうだけど…今日は本当にダメなの。ごめんなさい。

そんな帰りたいん?

そんなことないよ、もっと一緒にいたいと思ってる。

でも…。

お願い、今日はもう帰ろう。

 

 

彼女の言葉には力強さが籠っていた。リクからは次の言葉が出てこない。リクは押しが苦手だ。ロジックに頼っている人間の典型的な弱点。

 

そっか、分かった。帰ろう。

ごめんね、また今度会おうね。

ごめんやけど、それはないかも。

なんで?

今素直になれない人の「次」なんて、信用できんやろ?

そんなことないよ。また会いたいと思ってるよ。

俺は今、上戸と一緒にいたい。俺の方が素直な気持ち出してるやろ?

リク、さっきまであんな楽しそうに話してくれたのに、今はなんでそんな冷たいの?

 

怖いよ…。

 

ハッとなった。

こんな形で勝っても虚しさしか残らない。

もう負けを受け入れよう。

何より彼女を怖がらせてしまったことに、辛さと申し訳なさを感じてしまった。

 

別れ際ーーー

 

…また会ってくれる?

いや、もうやめよう。おれはただの遊び人やねん。これが最後の優しさや。

そうなんだ…すごくショックだよ…本気で素敵だなって思ったのに…じゃあね。

 

 

リクは負けた。

敗因はクロージング。

自分の感情のコントロールも上手くできなかった。

ナンパ師としての未熟さを痛感した。

そして、相手への申し訳なさも感じてしまった。

 

 

改めて自分は、まだまだだと思った。

理論武装が無くなったときの、自分はあまりにも脆い。

リクはまだ、螺旋の階段を上っていきます。

 

 

Fin.

 

 

 

■リクのTwitterアカウント

@Ricknanpa

心理学とコールドリーディングを主としたナンパ・恋愛手法を呟いています。

是非、フォローお願い致します。

 

 

 

無料メルマガ『ナンパで人生を変えた7つの物語』配信中です。

ナンパに一歩踏み出せない貴方へ、リクからのメッセージです。

メルマガだけのナンパ体験談も掲載中。

登録は、30秒で完了します。

◆リクの『ナンパで人生を変えた7つの物語』◆

  

有料noteのご案内

有料note「Rick magazine」を創刊致しました。

リクがブログでは書かない、極秘のナンパノウハウを余すところ無く綴っています。

 

【人気note記事】

半年13,000人が読んだ、圧倒的人気No.1記事。

心理テクを用いたLINE術の極意。

コピペして使えて、女性の反応が劇的に変わります。

note.mu