読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパで理想の彼女と最高の仲間に出会う。

東京のナンパ師リクの、理想の彼女を探すゲーム。

ナンパにおける「色」を使うということ

ナンパ理論

  

リクです。

 

今回のエントリーはナンパにおける「色」について。

 

 

f:id:Ricknanpa:20160721183251j:plain

 

 

「色」は「色恋」の略で、恋愛やそれに関する事柄という意味で、ホストやホステスなどの夜の街における客への営業に関して使われてきた言葉。

 

 

ナンパにおける「色」を使うということは、

 

相手を落とす(ゲットする)為に恋愛関係を匂わせること。

 

「色」を使うとゲットが比較的容易になる。

理由は相手との心理的な距離を一気に縮める事が出来、また、その後のベッドインまでの過程がスムーズになるからである。

 

 

「色」を使うことについては賛否両論が付きまとう。

「色」を使った結果、最終的に女性を傷つけてしまうのはよくあるケース。

そこに意見が分かれ、議論になる。

 

 

リクはナンパにおいて「色」を使うことを否定しない。

 

そもそもこちらから能動的に動くナンパは少なからず、相手に興味や好意を持っていることを伝えて始まる。(受動的に始まる逆ナンは別)

 

『タイプだと思ったから声をかけた』

『君のことはいいなと思っている』

 

この言葉だけで既に色は使っている。

 

結局、自分が恋愛関係を意識していなくても、相手がどう捉えるかでその言葉が「色」かどうかは変わってくる。

女性が恋愛関係を期待した時点で、そのナンパに「色」は含まれている。

 

 

よって色を全く使わないナンパというのは、非常に難しい。

特に女性というのは多くが異性に対して『恋愛』を求めていて、『好きな人』を探している。

男と女が二人で会話をすれば、必然的に会話はお互いの好意や恋人関係を意識したものに流れやすい。

(それもあって男女間の友情は中々成立しない、というのが個人的な意見)

 

 

そして「色」を使わないナンパで女性がゲット出来るかという点。

これは先ほど挙げたように、相手からの逆ナンなど受動的なもの等に限られる。

モデル級のイケメンなら可能だと思うが、現実はそう甘くは無い。

 

フツメンのナンパはある程度「色」に頼らざるを得ないのが現実。

 

 

ナンパは綺麗事だけでは済まない。

時には相手を深く傷つける可能性も大いにある。

それを恐れるなら、初めからナンパをすべきではない。

 

 

 

ではどうするか。

 

リクの思う、ナンパをする上での最低限のルール。

 

『「色」を使った上で、火事にしないこと』

 

そしてその為に重要なのは、『最後は食い付きを落としに行く』こと。

 

つまり無いと思った子を切るまでがナンパ。

 

ここを明確にしておかないと、いつまでも恋愛沙汰絡みのゴタゴタに巻き込まれる。

そして、「私たち付き合ってるんだよね?」と言うようなフレーズに悩まされる事になる。

 

 

食い付きを落とすイメージとしては、

 

・何気ない会話の段階から、「複数の女性と連絡を今もとっている」と伝え、他の女性もいることを相手に仄めかしておく。

 

・「仕事で今は本当に忙しく、彼女が出来ても会う時間がとれない」と伝え、今は付き合う気が無い事を暗に示す。

 

・手っ取り早い手段だが、嫌な男を演じる。相手が引くような性癖や、セフレが何人もいることを伝える。(たまにここから相手もビッチぶりを暴露してきて、良好なセフレ関係になることがある)

 

面倒だからと言ってLINE等でブロックをすることは、個人情報が何かしらバレていれば後に火事になる可能性もあるので、お勧めはしない。

 

 

ナンパは男女間の出会いのツールとしての意味を持つ反面、恋愛事情というものがどうしても付きまとう。

それを認識したうえで、自分の掲げた最低限のルールの範疇で楽しめば良いと思う。

 

 

 

Fin.

 

 

 

■リクのTwitterアカウント

@Ricknanpa

心理学とコールドリーディングを主としたナンパ・恋愛手法を呟いています。

是非、フォローお願い致します。

 

 

 

 

無料メルマガ『ナンパで人生を変えた7つの物語』配信中です。

ナンパに一歩踏み出せない貴方へ、リクからのメッセージです。

メルマガだけのナンパ体験談も掲載中。

登録は、30秒で完了します。

◆リクの『ナンパで人生を変えた7つの物語』◆

  

有料noteのご案内

有料note「Rick magazine」を創刊致しました。

リクがブログでは書かない、極秘のナンパノウハウを余すところ無く綴っています。

 

【人気note記事】

半年13,000人が読んだ、圧倒的人気No.1記事。

心理テクを用いたLINE術の極意。

コピペして使えて、女性の反応が劇的に変わります。

note.mu